2011年06月26日

納棺夫日記

おくりびとの原作本

「 納棺夫日記 」

ストーリーや登場人物が同じ、
という
本当の意味での原作本ではないですが、
一度読んでみてください。


【送料無料】納棺夫日記増補改訂版



映画「おくりびと」の原作本というよりは、

原案本(アイデアの元)

といったほうが良いとは思います。




【関連する記事】
posted by おくりびとで泣く at 06:31| おくりびと 原作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。