2011年01月18日

舞台おくりびと

映画「おくりびと」は舞台化されています。

映画の脚本を手がけた小山薫堂が、
映画「おくりびと」の7年後という設定でストーリーを描き、

キャストには、
中村勘太郎、田中麗奈、真野響子、柄本明、
今井りか、木下政治、廣川三憲、佐藤真弓らの
メンバーが演じています。 

舞台 おくりびと(DVD)

舞台 おくりびと(DVD)



posted by おくりびとで泣く at 04:45| 舞台 おくりびと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

映画「おくりびと」の音楽

おくりびとの音楽は、
巨匠「久石譲」(ひさいし じょう)です。

宮崎駿のジブリ作品は久石譲。
その他、数々の映画音楽も手がけています。

関連商品→久石譲
posted by おくりびとで泣く at 16:28| おくりびと 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

映画おくりびとロケ地

映画「おくりびと」の舞台となったのが、
山形県の庄内地方です。

庄内地方といえば日本有数の米どころです。

posted by おくりびとで泣く at 03:12| おくりびと ロケ地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

映画「おくりびと」感想

第81回アカデミー賞外国語映画賞を皮切に、
2009年度の映画賞を総なめにした映画「おくりびと」。

喜怒哀楽がすべて詰まった映画です。

映画全体に独特の雰囲気があり、
観終わった後は優しい気持ちになれます。

ラベル:アカデミー賞
posted by おくりびとで泣く at 19:11| おくりびと 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おくりびと原作本

映画「おくりびと」の原作といえば、
青木新門の「納棺夫日記」。

この本に出会った本木雅弘が映画化を切望。

設定などの違いで「納棺夫日記」の題名ではなく、
「おくりびと」と変えて小山薫堂脚本で映画化。

posted by おくりびとで泣く at 18:37| Comment(0) | おくりびと 原作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。